月に一度の欅の音terrace DOデー!【解体部編】

「欅の音terrace」では、入居者さん同士がより一緒に盛り上げていきやすい環境づくりをすべく、月に一度、「欅の音terrace」や「ナリ間ノワプロジェクト」のためにみんなで何かしらアクションを起こす、通称「DOデー」を作っています。今回はその記念すべき初回の報告です。

とは言っても、急に何かやろうといっても、みんながみんな出来るわけではありません。
そこで、学生時代を思い出して懐かしの部活動スタイルでチーム分けすることに! 今回発足したのは2つ!
一つ目は、元々募集の時から作ろうと計画しており、入居者さんの間でも希望の多かった「園芸部」。もう一つは、「ナリ間ノワプロジェクト」の次の拠点となる建物をセルフリノベーションをする「解体部」です。
今回は「解体部」の報告を。(「園芸部」の報告はこちら

解体部、家を壊してみる

「解体部」最初の活動場所は「欅の音terrace」から程近い、オーナーさんが所有する別のアパート物件の平屋部分。住宅街に囲まれて道路に面する好立地な条件なのですが、築年数とかつて住んでいた方の形跡によってだいぶ年季が入った感じになっていました。
ただ空けてるだけではもったいない! せっかく欅の音ができたので何か連携できる場所にしたい! ということで、とりあえず解体してから考えてみよう、というのがキッカケです。

「解体部」は建築系のメンバーが多く、部長を筆頭にどこなら壊して良いか、どうやって壊すか熟知しています。建物を支えている構造(主に柱や梁)を壊してしまうと大変なことになってしまうので、そこが一番重要なところ。

解体道具はバールやハンマーなど。汚れても良い作業服と防塵マスクを装備して、いざ解体へ。
まずは手のつけやすい壁から。木造の壁は思ったより簡単に壊せます。

続いて天井を解体。壊したところが上から降ってくるので、ちょっと危険。仕上げによって難易度が変わります。(ゴーグルとヘルメットがあると安心です)

元和室の天井は壊しやすい造りだったので、バリバリはがしていきます。この爽快感が解体の醍醐味でもあります。

天井が抜けるとだいぶ広がりのある空間に様変わりしました! 平屋ということで屋根までの高さが良い感じです。

壊した廃材はタイミングをみて掃除していきます。ここがスムーズにできるととても効率よく作業が進められます。今回は人数が多かったので、役割分担してテキパキ進められました。

解体しているとどんどん壊したくなってしまうのが性。当初残そうと思っていた押入れの天板や長押もせっかくなら外して開放的にしようと話し合って決めました。
このライヴ感も解体の醍醐味です。

廃材はガラ袋に詰めて後日処分します。

最初に比べてかなりキレイになりました。
ここまで明るくなると、みんな色々アイデアが出やすくなります。あれやこれやとやりたいこと、こうなってほしいといった妄想が弾みます。
次回は床を解体する予定です。今後どうなっていくか、乞うご期待!

「解体部」集合写真

月に一度の欅の音terrace DOデー!【園芸部編】

「欅の音terrace」では、入居者さん同士がより一緒に盛り上げていきやすい環境づくりをすべく、月に一度、「欅の音terrace」や「ナリ間ノワプロジェクト」のためにみんなで何かしらアクションを起こす、通称「DOデー」を作っています。今回はその記念すべき初回の報告です。

とは言っても、急に何かやろうといっても、みんながみんな出来るわけではありません。
そこで、学生時代を思い出して懐かしの部活動スタイルでチーム分けすることに! 今回発足したのは2つ!
一つ目は、元々募集の時から作ろうと計画しており、入居者さんの間でも希望の多かった「園芸部」。もう一つは、「ナリ間ノワプロジェクト」の次の拠点となる建物をセルフリノベーションをする「解体部」です。
今回はまず「園芸部」の活動の様子を。(「解体部」の活動はこちら

園芸部、畑をつくる

「園芸部」の顧問は欅の音terraceの外構で造園を担当してくださった「colors」の飯寺さん。
さすがその道のプロ。畑の作り方から何を植えたら良いか、どうやってお手入れするか、初心者でも分かりやすい丁寧なアドバイスを沢山いただきながら作っていきました。

まずは畑にする範囲を決めて、

手を入れやすいようにガシガシ掘り返していきます。雑草がたくさん生えていたので、この時にしっかり取り払っておきます。

電動タイプも登場。女性でも安心。

耕されてきたところで腐葉土を投入。さらに混ぜ合わせてベースとなる土を作っていきます。

だいぶ出来上がってきたところで、畑スペースを囲むレンガを立てていきます。
このレンガはオーナーさんのお父さまが昔何かを作るべく用意していたもので、それが大量に余っていたので、この機会に有効活用させていただくことにしました。

みんなで力を合わせてせっせと並べていき、

最後にもう一度腐葉土を混ぜ合わせて、ようやく形になりました!

お待ちかねの種まき

最初は放っておいても育ちやすい、葉物系を植えることにしました。

青しそやバジル、あしたば、ルッコラなどなど。2ヶ月後ぐらいに収穫できるようになるらしいです!乞うご期待!

この機会に、入居者さんの一人が大事に育てていたアボカドも一緒に植えることに。日本ではまだ実がなったことが無いみたいです。目指せ日本初!(貝殻は畑を掘っていたら出てきたものらしい)

他にも、このあたりは雑草がとてもよく生えてくるので、雑草よりも強いグラウンドカバーになる植物の種をあたりに蒔いていきます。

最後にみんなで庭の水やりをして今日は終了です!さすが人数が多くてみんな積極的だったので、このボリュームの作業がたったの2時間ほどで終わってしまいました。
畑が順調に育っていくのが楽しみですね。

「園芸部」集合写真

 

「まちづくり講座」にプレゼンターとして参加!

3/9(土)、練馬区の「みどりのまちづくりセンター」が主催する「まちづくり講座「場所やスキルを活かす R30からのまちづくり」」というイベントに、「欅の音terrace」の企画・設計を担当したスタジオ伝伝・藤沢とつばめ舎建築設計・永井+根岸が登壇しました。

場所は「けやきの森の季楽堂」。築150年の古民家をリノベーションした、非常に趣深い立派な建物でプレゼンテーションできるということで、いささか緊張気味。

「けやきの森の季楽堂」外観

第1部は各登壇者の事例紹介。

欅チームのテーマは「空間づくりの建築スキルをいかす ~アパートオーナーの想いとまちの記憶を再構築する~」。オーナーさんとの出会いから「欅の音terrace」が出来上がるまでの企画・設計・不動産のプロセス、そして現在にいたるまでの運営の仕方について、余すところなく魅力を伝えてきました。

ほかの登壇者も面白くかつ意義深い活動をされている方々ばかり。

ちゃい旅ガーデンプロジェクト・サポートメンバーの板井亮子さんのテーマは「手先の器用さをいかして ~オープンガーデンの四季を物語る~」。住人が自分の敷地内のガーデンスペースを期間限定で誰でも使えるように共有するプロジェクトを実施されています。私有地をみんなの土地としてシェアするマインドは、欅の音terraceにも通じる重要なテーマです。

ちゃい旅ガーデンプロジェクト・サポートメンバーの板井亮子さん

まちがつながるシェアごはん」の渡辺 美紀さんのテーマは「地域ネットワークをいかす ~地域団体と子どもの橋渡し~」。練馬区には地域団体が数多くあるそうで(知らなかった!)、その地域団体と子どもをつなげてランチ会を行うことで、お互いに距離を縮められるようにする活動をされています。大人と子どもが繋がるのはとても大事なこと。「欅の音terrace」も目の前に小学校があるので、この活動は非常に勉強になります。

「まちがつながるシェアごはん」の渡辺 美紀さん

最後は「かみいけ木賃文化ネットワーク」の山本 直さん・山田 絵美さん。テーマは「自分の不動産とまちの文化をいかす ~地域資源を使いながら、まちの価値を高める~」。豊島区上池袋地域の木造賃貸アパート(木賃)「山田荘」をキッカケに、まちを上手に使いながら楽しく木賃を利活用するプロジェクトを継続的に実施されています。建築を中心とした地域活性化の話ということで、「欅の音terrace」と一番共通点のあるプロジェクトです。

第2部は参加者からの質疑を交えた座談会形式。

どうしたらまちづくりに主体的に関われるようになるのか、という問いが全体を通してありましたが、4組の登壇者がそれぞれ異なるポジションで、異なるアプローチで取り組みをしていることがそのヒントかもしれません。自分が楽しくできることを、自分ができる範囲でやること。それぞれの活動の背景にはそんなメッセージが込められていたように感じました。

最後に各登壇者からそれぞれ、今回のイベントを通じて参加者に伝えておきたい、今後のまちづくりに対するコメントを。
誰でも入れる開く場&時間”(スタジオ伝伝・藤沢)、“発信 やりたい事を言う”(つばめ舎建築設計・永井)、“とりあえずDO!”(つばめ舎建築設計・根岸)という3人の個性が溢れる結果に。
「欅の音terrace」のDo Spaceのように、誰でも気軽に入れる場、そして時間があれば、主体的に関わるキッカケが生まれることに繋がります。また、やりたい事を発信し続けることで自然とそれがやれるようなチャンスが巡ってきます。そのためにはとにかく考えずにDOあるのみ!という、よいコメントの流れになっていたような気がします。

今回のイベントのように、私たちの活動に興味関心のある地域の方々へ発信するチャンスをいただけるのは、非常にありがたいことです。今後も何かありましたらお気軽にご相談ください!

高円寺アパートメントとの合同見学ツアーを実施!

「欅の音terrace」と「高円寺アパートメント」の入居者さん同士が企画した見学ツアーが、3/2(土)に実施されました。
高円寺アパートメント」は元々JRの社宅だった高円寺の古いアパートをリノベーションして街に開き、店舗兼住宅という暮らし方を提案していて、欅の音terraceに先立ってナリワイ×暮らしを実施しているお仲間です。

午後過ぎにまずは「欅の音terrace」に集合し、最初のご挨拶から。

「高円寺アパートメント」の入居者さんが自主制作しているフリーペーパー『勝手に高円寺アパートメント』を持ってきてくださり、そのクオリティと内容に驚き!
いつか「欅の音terrace」でもこんな素敵な冊子が作れないものかとみんなで妄想。

話もそこそこに、さっそくメインの見学タイム。みなさんそれぞれの入居者さんがどんなデザイン、こだわりのモノを取り扱っているのか、ナリワイの様子に興味津々!
欅の音の住人もふだんはお互いの部屋を訪れるタイミングが無いこともあって、ここぞとばかりにさりげなく拝見しつつ。

その後は「高円寺アパートメント」に移動して同じように見学会。
(都合により最初は入居者さんだけ移動してもらって後から合流したため、その様子は今回お伝えできません…)

見学ツアーの後は、「高円寺アパートメント」1Fの「アンドビール」さんで飲み会!こだわりの美味しいビールと料理をお供に、欅の音と高円寺アパートメントの入居者さん同士が混じって意気投合しながらあれやこれや話を交わす馴染みっぷりは、さすがナリワイ繋がりのおかげかも。

人数が多かったので2グループに分かれて。
特製スパイスカレー。ライスにもこだわり。

帰りがけに「アンドビール」さんが近くで自家醸造しているブルワリーも見学させていただきました。どこかで取り寄せてくるのではなくて自分で作ってしまうという心意気がナリワイ魂に火を点けたようで、うちにも醸造所がほしい!と盛り上がる欅メンバー。いつかナリ間ノワのどこかで自家製ドリンクが生まれるかもしれません。

「欅の音terrace」も「高円寺アパートメント」もそれぞれ自分たちで独自のコミュニティをつくりあげています。その楽しさ、大変さも含めた価値を分かっているからこそ、お互いに共感できるところが多いのだと思います。
これから同じナリワイ×暮らしというライフスタイルを実践しているもの同士として、どんどんコラボレーションしていきたいところ!

準備してくださった方々、このためにナリワイを見せてくださった方々、高円寺アパートメントのみなさま、本当にありがとうございました!!

つばめ舎さんと行く! 欅の音terrace入居者 ホームセンターツアー

\ 欅、少しずつパワーアップしてます /
今日は、【つばめ舎さんと行く! 欅の音terrace入居者 ホームセンターツアー】でした。

「欅の音terraceやお店のことをご近所さんに知ってもらうには、どうしたらいい?やっぱ看板かな?!」
「部屋のDIYをしたいけど、ホームセンターでどうカット頼んだら良いのか、わからない!」

そんな声から生まれた、企画。
つばめ舎さん引率のもと、ホームセンター若葉マークたちが、車2台でコーナンに行ってきました。
ツアーの様子をお届けします。

*****

今回の一番の目的は、「A看板」をつくる材料を手に入れること。

板の名前と値段を見ても、どう違うのかとか全くわからない…早速先生方にレクチャーしてもらいます。
熱心に質問する人、楽しくニコニコ聞いている人、コンクリートブロックや鉄の棒に心奪われる人…いろいろだなぁ。

次に、店舗の雰囲気にあった板を、各自選ぶ。
「高さ800・幅300で、黒に塗る予定で…この板がいい!」とすんなり言える、「完成図」がすでに頭にある人。
みんなの意見聞いて学びつつ、「うんうん、じゃあわたしも板はこれで幅は300にしよっかなー」と決めていく人。
「何のこだわりもない!余り部分でいい!」と言って、他の人が決めた板に乗っかってくれる人。

わわっ、なんか少し性格が見えてきた、これけっこう素が出てるのでは…( ^ω^ )

それから、木材のカット依頼方法を教えてもらう。指示書を記入する。
おじちゃんがカットしてくれている間に、蝶番やペンキを選びに行く。
ここでもポイントレクチャー。ペンキは皆の関心度が高い。納得して選びたいという気持ちを感じる。

最後は各自自由に材料を買い、あっっっっという間にツアーが終了。
もうホームセンターこわくない!!(単純)

*****

午後は、ペンキ塗り&組み立てを行う。
教わりながら、手を動かす動かす。
永井さんも根岸さんも、質問したら教えてくれるし重要なアドバイスもくれるけど、先回りして教えたり、代わりにやってくれたりは、しない。
とにかく、自分で選ぶ。やってみる。を、させてくれる。

ここでも、手際よく次々に作業を進め2個作っちゃう人、人のペンキ塗りを手伝う塗り上手な人、丁寧に自分のペースで作業をする人、不器用だから装飾とかしなーいと写真ばっか撮ってる人、が、いた。

みんなの一面が、しっかりと見えてきた( ^ω^ )

*****

作業を通じて、ちょっとずつお互いを知っていく、この感じ。
すごくいいなぁと思いました。

というわけで、欅、設備もお店同士の関係性も、少しずつパワーアップしています。
看板見つけたら、ぜひお立ち寄りくださいませ( ´ ▽ ` )

 

(2F|tsugubooks

建築系雑誌メディアも大注目!

写真撮影の風景

この日は建築系雑誌の一つである『日経アーキテクチュア』さんの取材がありました。企画・設計・不動産・運営に至るまでのプロセスをつばめ舎建築設計とスタジオ伝伝、オーナーさんを交えてざっくばらんにお話。
こんな時はDo Spaceが大活躍します! 職住一体型というコンセプトをアパートのリノベーションで行なうという事例は全国的にも大変珍しいので、取材に来ていただいた方々も非常に関心が高かったようです。

取材中の一コマ

入居者さんにも、住まい方や考えていることなどについてお話ししていただきました。写真撮影にもご参加いただき、みなさんモデルさながらのふるまい! これらの様子は3月に発売される雑誌に掲載されると思いますので、乞うご期待!

スタンバイ中

 

他にも建築系雑誌の最高峰として名高い『新建築2019年2月号』にも掲載されました!こちらは12月末に取材と撮影をしていただいたのですが、まだ始まって1, 2ヶ月ほどにも関わらずこのように注目してくださるのはたいへん有難いことです。
発売日が2/1だったので、この日はそのお祝いも兼ねて、オーナーさん・つばめ舎・伝伝で祝賀会をしました。
といってもご馳走になってばかりでいつも恐縮なのですが…

釜めしに嬉しそうなスタジオ伝伝・藤沢さん、つばめ舎建築設計・根岸さんと永井さん

そしてなんとオーナーさんから記念に『新建築』を贈呈していただきました! バレンタインのチョコ付き!
なんと思いやり溢れるオーナーさんなのでしょうか(泣)
入居者さんや関係者の方々にも渡してくださっているそうです。これから益々精進しないといけません!

贈呈式に満面の笑み
こんな素敵なプレゼントをいただけるとは…
バレンタインチョコまで!

 

この日は東京では珍しく雪が少し積もる日でした。裏庭もほんのり雪化粧。敷地の中に緑があると、こういった四季によって変わる表情がとても感じやすくなります。そう思うと、寒いのも悪くはないですね。

第1回ナリ間ルシェを開催!

2019年早々の01/27 (土)に、ナリ間ルシェを開催いたしました! 11/03に開催した前回のナリ間ルシェはまだオープンしたてだったので、まだ入居者さんが決まっていない状況でした。
今回は入居者さんが全員揃ってから初めてのナリ間ルシェということで、ここから記念すべき第1回ということにしたいと思います!

各入居者さんたちが、まだ自分たちの部屋の引っ越しも終わっていない中、この日のために素敵なお店と設えをかまえてくれたおかげで、沢山の方々に来ていただきました。
まだお店の名前やナリワイの内容が決まっていない方もいるので、今回は当日の雰囲気を少しずつお見せしていきます。


1F中央のDo Spaceでは、この日のためにオーナーの知人であり練馬ご出身の「凸凹キッチン」さんに美味しいお菓子とホットジンジャーを販売していただきました。
バナナケーキやフォカッチャといったお菓子は大人気ですぐに完売! そして寒い日のホットジンジャーは身に染みる美味しさ。

そして今回は1月の行事としてお餅つきのメインイベントも!
前日から仕込みをしていた餅ですが、運営しているつばめ舎のメンバーは餅つきビギナーということで、入居者の方々と当日いらしてくださった方々のたくさんのご助力をいただきました。
このためにあったのでは、というデッキテラスの中心でやる餅つきにみんな大注目!

東京ということもあって皆さん餅つきはだいぶ昔にやったことしかない、とか、今までついたことが無い、という方々ばかり。貴重な機会ということで、入居者さんだけでなく、大人から子どもまで、地域の方々と一体となって盛り上がりました。

餅つきが終わった後は丸めてお餅のかたちにしていきます。ここでも皆さんの力をお借りしながらどんどん作っていきました。最後はおしるこにしたり、きな粉餅にしたりしてみんなで美味しくいただきました。

そして、餅つきの他にももう一つ。1月ということで書き初めスペースを裏庭の水船脇につくりました。畳一枚と文机という斬新なスタイル! 写真では伝わらないのですが、風流なBGMが流れていて、水船の水音とあいまって趣深い和の空間になっていました。

可愛らしい猪の絵柄のポストカードは、郡上八幡のイラストレーターさんがデザインしたもの。気になった方はぜひ岐阜は郡上八幡へ。

そしてオーナーさんの思いやり精神がそこかしこで感じられるのも「欅の音terrace」の魅力かもしれません。大きな家族の一員になったような、大人同士なんだけどただいまと言い合えるような、そんな関係が少しずつできていくような気がします。

次回の第2回ナリ間ルシェは4/6 (土) を予定しております!是非お越しください!

完成お披露目会&ナリ間ルシェを開催!

ナリワイ×暮らしをコンセプトにした「欅の音terrace」がついに完成しました!その記念として、11/3(土)に完成お披露目会&ナリ間ルシェを開催しました。工事中内覧会のときにはまだ出来上がっていなかったデッキテラスがみんなをお出迎え。

今回は工事中内覧会よりも豪華に、合計8組の方々に出店していただきました。前回は入ることが出来なかった1Fもオープンし、「欅の音terrace」は将来こんな風景になるんだろうな、というのがひしひしと伝わってくる雰囲気に。

107号室では、「ふろしき」の魅力や素晴らしさをお伝えすることをナリワイとしている那須の風呂敷作家、佐藤みゆきさんが出店。将来的にお店となる土間スペースを使って、様々なデザインの素敵な風呂敷が上手にレイアウトされていました。

106号室では前回に引き続き、「Eureka Coffee Roasters」の新津萌絵さんによるドリップコーヒー屋さん。少し肌寒くなってきた時期ですが、萌絵さんとお話しながらコーヒーを味わっていると自然と身も心も温まります。

102号室も前回に引き続き「KSCOVO」さんがご出店。ご来店の方々だけでなくスタッフにも大人気の素敵なアンティーク食器や雑貨の数々がとても魅力的。こんなオシャレなお店が入ってくれたらみんな毎日遊びに行ってしまいそう。

108号室はVegan Sweets専門店の「Ve庵」さん。普段はネット販売のみですが、この日のために出張して出店してくださいました。動物性の食材を使わない「ヴィーガン」のスイーツはもちろん、人数限定でお菓子の家づくりワークショップも開催。あまりに好評ですぐに売り切れてしまいました!

103号室では本格スパイスの野菜たっぷりカレーのお店「zaranの回遊ヤタイ」さんが出店。先日、立川にお店をオープンしたばかりですが、それまではずっとあちこちのイベントで出店。心地よい陽気の中、デッキテラスで食べるカレーは格別!

出来たてほやほやのデッキテラスを、みなさんさっそく使いこなしている様子。

2Fの203号室では鈴木楓さんによるオリジナル歯固めワークショップを開催。シリコンビーズと天然木製ビーズを使ったオリジナル歯固めが作れるとあってみなさん興味津々。赤ちゃん連れの方でも楽しめる場所になっていければいいですね。

205号室では欅の音terraceのDo Space脇にある照明看板を作っていただいた「Feel Lab」さんが出店。かわいらしくもオシャレなデザインの灯りたちが部屋をほっこりと演出してくれる、なんとも味のある空間。

201号室は写真作家さんの展示。出窓や奥の小上がりの長押を使いこなした美しいディスプレイが印象的。お住まいの方によってがらっと雰囲気が変わるのも、この住居の魅力となるに違いありません。

他にも、いくつかの部屋はモデルルームとして、誰でも気軽に入ってここでの生活を感じられるように、インテリアを揃えてお待ちかね。これから住まわれる方にもこだわりの家具やデザインをどんどんしていってもらえれば嬉しいところ。

中央のDo Spaceではかつて「加山ハイツ」だった時代の写真をギャラリーのように展示。元々の建物がまさかこんな雰囲気だったとは、と驚きの声が沢山!それだけでなく、以前ここに入居していた方々も足を運んでくださり、想い出話に花を咲かせてくれていたのはとても嬉しかったです。

 

お天気にも恵まれて大盛況のうちに終わったマルシェイベントでしたが、「欅の音terrace」はこれから本格的に入居者を募集していきます。つまりここからがスタートです。ぜひみなさんお気軽にご連絡ください。

 

All photo by Takahisa Ide, tiuchiePhotos

工事中内覧会を開催!

「欅の音terrace」は現在リノベーションの真っ最中! そんなか、9/29(土)に工事中内覧会を開催しました。
まだデッキテラスが完成していないので、駐車場スペースに欅の音カラーのグリーンのテントを張って受付をいざ準備。

これから入居する方々や近隣の方々にとって、ここがどんな場所になっていくのか、ここでどんな暮らし方ができるか、ここから何が生まれていくのか、そんな事がイメージしやすくなるように、今回は3組の出店者を招いてお試しイベントにしました。

岡崎早苗さん(茶和盆sanabon)による、和三盆のお干菓子作りワークショップの様子。気軽に可愛らしく美味しい和菓子が作れるとあって大人気でした。

KSCOVO」さんは普段から取り扱っているオシャレなイギリスのヴィンテージ雑貨の販売。出窓にもディスプレイしていただき、2Fでの暮らし方が伝わる素敵な雰囲気に。

Eureka Coffee Roasters」の新津萌絵さんは千葉からはるばるの出展。セルフドリップの仕方を教えてもらえるというなかなか無い機会ということもあって、大好評でした。

 

これから完成に向けてもうひとふんばり。いったいどんな風景になっていくのか、ますます楽しみになってきました。